葬儀にはいろいろな形式がある

葬儀にはいろいろな形式のものがあります。



ご遺族の希望にそうことができるように会社はいろいろな形式に対応できるように考えて用意をしていますが、地方によってはさらに独特の形式のものがあるといいます。
一般的によく選ばれることが多い形式は4種類あるということです。
まず、直葬、これは亡くなった場所から直接火葬場へご遺体を搬送して荼毘にふしてしまい、後日改めてお葬式などを執り行うという形式です。社葬などを執り行う予定がある場合に選ばれることが多いです。



一日葬は、その言葉通り、一日でお葬式まで執り行ってしまう形式です。

亡くなってから葬儀を執り行う日があまり縁起のよくない友引などの場合は少し間をあけてからお葬式などを行うことがあります。


そんなときに一日葬を執り行うことがあるといいます。家族葬はご遺族、ごく親しい人だけで故人をゆっくりと見送ることができるということで、最近、大都市圏で選ばれることが増えてきている形式です。


故人が生前に希望しているときもあるということです。

一般葬は昔から執り行われてきた形式で、参列したことがある、という人も多い形式だといえます。



一般葬は、参列者が多いので故人をたくさんの人に見送ってもらうことができますが、ご遺族がおもてなしなどに忙しくなってしまうということで、なかなか故人をゆっくりと見送ることができない、という人もいました。
なので、最近は家族葬を執り行うご遺族が増えてきたといいます。


葬儀にはそれぞれ特徴があるので、それを理解して選ぶようにしておくことが大切です。