葬儀を執り行うための準備と引導の意味合い

家族が亡くなって、お通夜を執り行うためには様々な準備が必要になります。

まず誰が喪主を務めるのかを決める必要がありますし、宗派や、宗旨、家紋などを確認しておく必要もあります。

そして、お通夜や、お葬式の式次第を決定し、式場を選ぶ必要があります。
かつては自分の家で執り行うところも多かったですが、近頃は住宅事情などの都合で寺院や、葬儀会館などで執り行うことが、ほとんどとなってきています。
決断をさせるという意味合いで引導を渡すという表現をすることがあるのですが、これは、葬儀のときに故人が現世に対する想いを断ち切ってもらう儀式が由来になっているものと考えられます。



お葬式のときに執り行われる引導という儀式は、宗派によって作法が違ってきます。引導は、お葬式の式次第の中で渡されます。


懺悔文を読み上げて、故人の、これまでの行動をお坊さんが悔い改めさせて仏人となるための儀式となります。



葬儀が執り行われる本質な意味は引導を渡すことにあるとされています。



仏式で執り行われる葬儀では、故人を現世から浄土に導くための引導を、お坊さんが故人に渡すことによって、彼岸という悟りの世界に故人の魂を送り出すことができます。

そのときに故人の魂を彼岸に送り出すためには、俗名のままでは受け入れてもらうことができないので、仏様の弟子になったことを示す戒名を名乗る必要があります。

一部の宗派では戒名と呼ばず、法号や、法名と呼んでいます。