葬儀の準備を行う際に必要な順路とは?

身近な大切な方が亡くなってしまうと、その遺族は悲しみを噛みしめる暇もないほど迅速に葬儀の準備を始めなければなりません。



ご臨終を迎えた場所が病院や施設であればそのご遺体を搬送する手続きを開始しなければなりませんし、もしもご自宅へ搬送することが叶わないようであれば葬儀会社か、あるいはそこを介して手配した霊安室、または葬儀会場に備え付けのご遺族控え室などへお運びする必要が生じます。

いずれの場合においてもまず決断すべき事柄としては、どこの葬儀会社に依頼するかといったことでしょう。



これらを亡くなる前に検討しておくと慌てずに済みますし、最近では終活の一環として自分が亡くなった時のことを考えて事前にお世話になる会社を決めておく人も増えています。



また、もしも本人が亡くなる前にこれらのことを決めるのが不吉で矛盾していると感じるようであれば、ネット検索などで地域の専門会社の情報をチェックしたり、あるいは最も身近なところにある葬儀場に問い合わせることでその関連会社について紹介してもらえるケースもあるでしょう。
このようにお世話になる会社が決まると後は必要な事柄を順を追って説明してもらえますし、様々な必要事項についても担当者が責任を持って執り行ってくれますので喪主の方などが背負う責任などもだいぶ楽になるはずです。

決めるべきなのは会場、日取り、式次第、お花、声をかける参列者の数、そして会葬御礼の品など。

これらにもある程度のしきたりや伝統、予算に合わせたコースなどがありますので、それらに従って決めていくと良いでしょう。